セラミック治療のメリット

審美歯科治療の必要性について

歯医者で行われる通常の虫歯治療では、歯を削った後に金属やレジンなどを詰めたり被せたりすることになります。しかし、詰め物の場所によっては口を開けて笑った時に銀色の金属が見えてしまったり、見栄えが悪くて気にしてしまう人も多くいます。また、金属アレルギーがあって、金属の詰め物が入れらない人もいます。そこで、最近では目だたない歯の治療として審美歯科治療を虫歯治療の選択肢として取り入れる歯医者が多くなり、若い女性を中心に人気を集めています。

耐久性に優れているセラミック

審美歯科治療で、目だたない歯の治療として多く用いられているのはセラミックです。セラミックで作られた詰め物や被せ物は、長期間使用していても劣化や変色が起こらず、折れたり欠けたりするようなトラブルも少なくて、耐久性に優れています。また、他の材料の詰め物や被せ物に比べて、汚れや雑菌の付着も減らせるため、非常に衛生的です。体にも優しく、歯肉に与える影響が少ないほか、金属アレルギーの人でも安心して使用することができます。

見た目の美しさと活用法

そして、セラミックの一番のメリットは、色や質感が天然の歯にとてもよく似ているので、治療した痕が目立たず、見た目が美しいということです。口もとや歯のコンプレックスがなくなり、人前でも大きな口を開けて堂々と話したり、笑ったりすることができるようになります。また、前歯や奥歯など、あらゆる場所の歯の治療に自在に使用できることも大きな特徴で、1本だけの治療はもちろん、複数の歯を同時に治療するブリッジにも活用することができます。

オールセラミックとは、金属の使用をしないで、セラミックだけで歯に被せ物をすることなどです。またオールセラミックは、透明感のある自然な歯を再現したりできます。