1日3食腹8分目を守り健康的にダイエット

脂肪が内臓周辺についた林檎型肥満

太り過ぎの原因は、エネルギーとして消費されなかった脂質が、内臓の周辺や皮下に蓄積されるた状態です。日本人の食生活の変化によって、体脂肪が増加する人が増えました。特に最近の若者に増えているのは、脂肪が内臓の周辺についた、隠れ林檎型肥満タイプです。外見はそんなには太って見えませんが、実は内臓周辺に体脂肪が蓄積されています。内臓脂肪型の肥満には、お腹や上半身だけが太る林檎型肥満もあります。内臓脂肪型肥満は内臓に負担がかかり、中性脂肪や悪玉コレステロールが増えて生活習慣病になる可能性があります。

糖質の摂り過ぎとむくみの洋ナシ型肥満

また糖質の摂り過ぎとむくみ傾向の肥満は、洋ナシ型肥満と呼ばれ、女性に多く、主に下半身が太ります。太り過ぎの人は全般的に食べ過ぎる傾向があります。ダイエットするには摂取カロリーを減らすことが最も近道です。1日3食腹8分目を良く噛んで食べ、夜の7時以降は食べ物を口に入れないことを習慣にするだけで、ダイエット効果は十分あります。夕食後12時間くらい食事しないことで体の各部位に蓄積された脂肪は燃焼されます。

ご飯や肉類を減らして野菜の量を増やす

食事内容は、ご飯や肉類を食べ過ぎないようにして、そのかわりに野菜の量を増やします。肉類を食べる時は、網焼きや蒸し焼きにするなどして、余分な脂肪を減らす工夫が必要です。野菜には食物繊維が多く含まれています。食物繊維は余分な脂肪を体の外に排出する働きをします。また、ビタミンB1、B2は脂質や糖質の代謝を活発にします。洋ナシ型肥満の人はむくみやすいのでカリウムを十分に摂って余分な水分を排出させるようにしましょう。

フェアリーレシピというサプリを飲むことでバストアップが期待できます。小さなバストに悩んでいる方でも、フェアリーレシピで自信が持てるようになるでしょう。