自分の歯を失わないために

メンテナンスが非常に大切

歯医者で虫歯や歯周病の治療を受けるというと、虫歯のある歯を大きく削る方法や抜歯するという方法が一般的でした。1本の歯を失うということは、残された歯に大きな影響を与える可能性のあることです。

そこで、定期的に歯科クリニックで検診を受けるとういことが大切になります。虫歯や歯周病の早期発見、早期治療が可能となります。また、最近では出来るだけ歯を削らない、抜かないという治療を行なっているクリニックも多くなってきておりそのようなクリニックを選ぶことも大切です。

正しい方法を身につけよう

自分の歯の保存を目指すのであれば、正しい歯磨きの仕方を身に付ける必要があります。毎食後、歯磨きをしているという人でも、その仕方が間違っていては意味がありません。

正しい歯磨きの仕方が分からないという場合には、歯科クリニックで指導を受けると良いでしょう。一人ひとりの歯並びに適している磨き方を学ぶことが出来ます。またそれだけではなく、磨き残しが多い場所を知ることが出来ますので、重点的に磨くことが出来るでしょう。

歯の汚れを取り除くためのアイテム

歯や歯茎の汚れを取り除くためには、歯ブラシの使用だけでは不十分である可能性があります。歯ブラシでは歯と歯の間や歯と歯茎の間の汚れを取り除くことが出来ない可能性があります。そこで、歯ブラシに加えて、歯間ブラシやデンタルフロスを使用するようにしましょう。最初は面倒に感じても習慣にすることにより、面倒に感じなくなるでしょう。様々な製品がありますので、使い勝手などを比較し、自身にあったものを選ぶようにしましょう。

根管治療は歯の根元にある患部に施す治療なので深い穴をあける必要があります。穴に食べかすなどの汚れが入り込むと患部の炎症や化膿を引き起こすので、治療中は口内を常に清潔に保つ必要があります。